2017年8月18日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

VRで格納容器“見学” 関西電力大飯発電所/安全対策効果も視覚化

2017/08/01  1面 

モニター向け見学会でVR映像を体験する参加者

モニター向け見学会でVR映像を体験する参加者

◆一般向け説明を分かりやすく、安全対策効果も視覚化
 関西電力は8月から大飯発電所の一般向け見学会に、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)映像を導入する。参加者はバスで発電所構内を巡回する際にVRスコープを装着することで、これまで見ることができなかった原子炉格納容器やタービン、使用済み燃料プールなどの設備をVRで見学し、安全性向上対策の効果も確認できる。このほどモニター向けの見学会で試行実施し、モニターからは「安全対策の仕組みを分かりやすく見ることができてよかった」といった感想が聞かれた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事