2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

東北電力・弘前大学、通話内容の文章化を共同研究へ/AIで方言認識

2017/07/31  1面 

契約を締結した関係者。左から2人目が東北電力の齋藤青森支店長

契約を締結した関係者。左から2人目が東北電力の齋藤青森支店長

 東北電力は28日、弘前大学と人工知能(AI)分野で共同研究を実施する契約を締結した。東北電力のコールセンターの通話音声データについて、AIの音声認識・言語処理技術を活用。テキストデータ化や自動要約を行い、要約結果が実用的な文章として理解可能かの評価・検証を行う。同時に、津軽弁を正確に認識し標準語に変換できるか、AIの音声認識の精度についても検証を実施する。研究期間は2017年8月から18年1月までを予定している。東北電力は研究成果を基に、顧客サービスの向上を図る。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事