2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

中国電力・広島ガス、バイオマス混焼発電で連携/10月に共同出資会社

2017/07/31  3面 

 中国電力と広島ガスは28日、バイオマス混焼発電事業を共同で実施することで合意したと発表した。同日、合弁契約書を締結、10月をめどに事業を推進する新会社を設立する。新会社は、広島ガス海田基地(広島県海田町)内において、約10万キロワットの発電設備を建設する。2018年12月に着工、21年3月の営業運転開始を目指す。両社は既存のインフラや互いのノウハウを最大限に生かした電源を構築するとともに、未利用資源を積極的に活用することで再生可能エネルギーの普及拡大に貢献したい考えだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事