2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

地層処分の科学的特性マップ公表、国土の6割「好ましい」

2017/07/31  1面 

科学的特性マップ◆今秋から説明会、福島・青森は除外
 政府は28日、高レベル放射性廃棄物の地層処分の適性を4段階に分け、日本地図に示した「科学的特性マップ」を公表した。「好ましい特性が確認できる」地域は国土の約6割に上った。このうち、「輸送面でも好ましい」地域は国土の約3割、自治体数では約900とした。火山・活断層の近傍などは除外した。実施主体の原子力発電環境整備機構(NUMO)は、今秋から適性のある地域により重点を置き、説明会や対話活動に取り組む。東京電力福島第一原子力発電所事故からの復興を優先させるため、福島県内では対話活動を行わない。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事