2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、フィリピンの火力発電にIoT技術適用/海外で初

2017/07/28  4面 

 東芝は27日、フィリピンの大手財閥DMCIホールディングス傘下の火力発電事業会社との間で、東芝のIoT(モノのインターネット)技術を石炭火力発電所に適用することで基本合意したと発表した。同発電事業者がフィリピンのルソン島南部で運営するカラカ火力発電所を対象に、発電効率向上とIoTを活用した予兆監視や発電設備の寿命延長を含む包括的サービスの実施で提携した。東芝が海外の火力向けにIoTを適用するのは今回が初めて。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事