2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

施工管理技士、対象に「電気通信工事」を追加/国交省、検定創設へ

2017/07/28  9面 

◆将来の監理技術者不足に対応
 国土交通省は、建設業許可業種の一つである電気通信工事の国家資格「施工管理技士」に関わる技術検定を創設する。同工事の施工管理を検定種目に定め、1級、2級の区分で学科・実地試験を行う。
 技術検定の創設は、1988年創設の電気工施工管理以来およそ30年ぶり。今後、建設業法の技術検定に関わる施行令の改正、指定試験機関の選択を行う見通し。
 技術検定で行う試験科目は電気通信工学などの学術知識や施工管理法、法規。総務省管轄の国家資格である電気通信主任技術者を受検要件に定める。1級、2級それぞれ電気主任技術者と同じく実務経験年数も設定する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事