2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

四国電力高松支店、瀬戸内の島で出前エネルギー授業

2017/07/26  5面 

男木小での授業では児童に絶えず「なぜ?」と問いかけながら説明を進めた

男木小での授業では児童に絶えず「なぜ?」と問いかけながら説明を進めた

◆保護者、住民も実験に参加
 四国電力高松支店(宮本敏樹執行役員・支店長)の管轄エリアには18の島がある。これら瀬戸内の島々は少子化の進展が著しい。廃校や休校になった学校も多いが、一方で地域の特長を生かした教育に熱心に取り組む所もある。高松支店はこれら島々を含むエリア内の小中学校に「出前エネルギー授業」の案内を送付。申し込みがあれば、担当者が海を渡って島の学校でエネルギーや地球環境問題について教えている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事