2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

「柏崎刈羽1~5号、廃炉含む計画明示を」/柏崎市長

2017/07/26  2面 

小早川社長(右)に対して柏崎刈羽1~5号機の廃炉計画を2年以内に示すよう求めた桜井市長

小早川社長(右)に対して柏崎刈羽1~5号機の廃炉計画を2年以内に示すよう求めた桜井市長

◆東電HD社長に申し入れ
 新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は25日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機再稼働の条件として、同発電所1~5号機の廃炉を含めた今後の計画を2年以内に明示することを求める文書を東電ホールディングス(HD)の小早川智明社長に手渡した。桜井市長は「7基全てが再稼働することは想定できない」として、1~5号機のいずれかを廃炉とするよう要望。小早川社長は、「(計画について)我々から一方的に提示するのではなく、しっかりと意見交換を重ねていきたい」と応じた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事