2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

18年度エネ自給率、12.8%に改善/エネ研が需給予測

2017/07/25  3面 

◆原子力・再エネが貢献
 日本エネルギー経済研究所は24日、2018年度までの国内エネルギー需給見通しを発表した。エネルギー自給率は17年度に11.9%と、東日本大震災後初めて10%を超え、18年度には12.8%に上昇すると予測。再生可能エネルギーの普及に加え、原子力発電所の再稼働が貢献する。販売電力量は18年度に8577億キロワット時と、16年度比0.4%増を見込む。都市ガス販売量は18年度まで3年連続で過去最高を記録すると予想。電力、ガスともに経済成長による企業活動の活性化が下支えすると見込む。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事