2017年10月22日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

広域機関、送電網の連系枠拡大へ/来年度に新ルール適用

2017/07/24  3面 

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は各供給エリア内の送電系統(地内系統)の利用ルールを見直す。再生可能エネルギーなど電源の連系希望は絶えないが、電力需要の拡大が見通せない中、現行ルールに沿って系統を増強すると電気料金の上昇を招くおそれもある。そこで、低稼働の電源を潮流想定から外して空き容量を増やすなど、既存系統を最大限活用するための新ルールを年度末に策定し、2018年度の適用を目指す。系統混雑が発生した場合の調整方法も検討する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事