2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

衆院区割り変更、立地地域に影響は?

2017/07/20  2面 

◆青森、激戦傾向に拍車も/鹿児島、保守系の強さ不変
 衆議院小選挙区の区割りを見直す改正公職選挙法が今月16日に施行された。「1票の格差」是正が目的で、小選挙区の数は295から289に減少。対象となる6県のうち、原子力発電所などが立地するのは青森、鹿児島の2県。特に、4から3へ小選挙区が減る青森は、「原子力銀座」といわれる下北半島のむつ市、大間町、東通村、六ケ所村があるエリアが2区から1区へ移される。このエリアが1区に属するのは1993年が最後となった中選挙区時代の旧1区以来となる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事