2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

エネルギー消費を約2割減/中部電力、鋳物向け保温ヒーター開発

2017/07/19  2面 

 中部電力は18日、工業炉などを製造・販売するヤマト(大阪市、辻井竜太社長)と共同で、主に鋳物工場の溶湯(溶解金属)保温用として新たな電気式ヒーターを開発したと発表した。新製品は伝熱性に優れた充填材や保護管を採用。ヒーター内部のニクロム製発熱線の直径や設置間隔の最適化などにより、1平方センチメートル当たり35ワットの高出力を実現する。同出力の従来器と比べて発熱部の面積は約10分の1、体積は約30分の1に小型化した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事