2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

東電PGと関電、調整力にDR活用へ/一括指令で応動時間短縮

2017/07/18  3面 

 東京電力パワーグリッド(PG)と関西電力は14日、デマンドレスポンス(DR)や再生可能エネルギーなど分散型エネルギー資源の活用促進に向けて、一般送配電事業者とアグリゲーターをつなぐ共通基盤システムを共同開発すると発表した。一般送配電事業者がアグリゲーターへの需給調整指令を効率的に実施することで、DRなどを需給バランス調整に活用できるようにする。来年2月までにシステム開発と接続試験を実施し、2018年度からの本格運用を目指す。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事