2017年7月27日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

「地元本位の経営を実践」東電HD新潟本社・橘田代表

2017/07/13  2面 

就任後初の会見で抱負を述べる橘田代表

就任後初の会見で抱負を述べる橘田代表

◆就任後初の会見で抱負
 東京電力ホールディングス(HD)の橘田昌哉常務執行役・新潟本社代表は12日、代表就任後初の記者会見を開いた。橘田代表は「柏崎刈羽原子力発電所をはじめ電力設備を立地させていただいている新潟県の皆さまが、(東電にとって)最も大切と肝に銘じ地元本意の経営を実践していく」との決意を述べた。16日に新潟県中越沖地震から10年を迎えることを踏まえ、「(災害発生時の)情報発信の在り方など多くの気づきがあった。教訓を今後に生かしていかなければならない」と振り返った。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事