2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

原賠制度専門部会、新枠組設け3層構造に/事務局が具体案を提示

2017/07/13  2面 

 原子力委員会の原子力損害賠償制度専門部会(部会長=濱田純一・東京大学名誉教授)は12日の第18回会合で、事故を起こした事業者が賠償資力を確保するための新たな枠組みについて検討した。事務局の内閣府が「責任保険契約・政府補償契約」と「原子力損害賠償・廃炉等支援機構(賠償廃炉機構)による資金援助」の枠組みの間に、新たなスキームを設ける案を提示。この部分を事前に積み立てるか、事故後に費用負担するか議論した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事