2017年9月26日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

規制委安全研究方針/外部事象・PRAなどに力

2017/07/12  2面 

◆福島第一関連は単年度ベースに
 原子力規制委員会は、2018年度以降の安全研究の実施方針をまとめた。規制委は16年7月に安全研究の意義や目的を整理した基本方針を策定。これに基づき翌年度以降の実施方針を毎年まとめ、概算要求のベースとしている。18年度以降の実施方針では、外部事象のフラジリティー(脆弱性)関連や火災防護、原子力施設のリスク評価、特定原子力施設(東京電力福島第一原子力発電所)などに関する研究で前年度から変更を加えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事