2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

食品の機能性、四国地域独自の制度で表示/STEP

2017/07/12  5面 

◆低費用、短期間で審査・評価
 四国産業・技術振興センター(STEP、高松市、中村進理事長)は、食品の機能性を表示する四国地域独自の制度を6月27日から運用し始めた。国の特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品に比べて低コスト・短期間で健康効果の科学的根拠を商品に表示できる。8月末まで第1回の申請を受け付け、審査・評価を経て10月下旬頃に評価食品を発表する予定だ。
 名称は「四国健康支援食品制度」で、(1)四国内で製造された食品(2)四国内で製造された機能性素材などを配合した食品――が対象。法律上、機能性の具体的表示はできないが、国の制度のような「成分の作用メカニズムの解明」が不要なため、中小企業・団体も活用しやすい。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事