2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

カーボンプライシング「逆進性などへ配慮を」/環境省検討会

2017/07/11  2面 

 環境省は10日、「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」(座長=神野直彦・日本社会事業大学学長)の第2回会合を開いた。政府は温室効果ガス排出量を2050年までに13年比で80%削減する長期目標を掲げている。会合で環境省は、カーボンプライシング(炭素への価格付け)を制度化する場合、エネルギー多消費型産業への影響や、低所得者ほど負担割合が高くなる逆進性の問題について、他の政策も含めた政策全体での配慮を考える必要があるとする論点を示した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事