2017年7月26日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

[ザ・カレント 国際ニュースの深層]過熱するEV開発

2017/07/10  5面 

近年はガソリン車並みの航続距離を誇るEVも市場投入されている(写真はテスラの「モデルX」)

近年はガソリン車並みの航続距離を誇るEVも市場投入されている(写真はテスラの「モデルX」)

◆欧米の環境規制強化が背景/蓄電池大容量化で用途拡大
 電気自動車(EV)を巡る動きが活発化している。昨年以降にトヨタとホンダが相次いでEV開発の専門部署を立ち上げたほか、日産自動車はEV「リーフ」の新型車両を9月に公開する方針だ。米国や欧州が環境規制を強化し、自動車メーカー各社が対応を迫られていることが背景。走行時に二酸化炭素(CO2)を出さないEVは欧米の規制をクリアする有力な選択肢となるためだ。近年は車両に搭載される蓄電池の大容量化も進み、電力貯蔵などの用途が拡大する可能性もある。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事