2017年7月27日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

高温ガス炉開発が正念場/欧米と連携で巻き返し図る

2017/07/06  4面 

  配管が入り組んだ高温ガス試験炉・HTTRの内部

配管が入り組んだ高温ガス試験炉・HTTRの内部

◆水素製造技術は順調/海外実証で実用化へ
 日本の重電メーカーがオールジャパンで参画する日本原子力研究開発機構の高温ガス炉開発が正念場を迎えている。高温ガス炉は中国が商用炉の建設を決めるなど実用化で先行。日本は原子炉の出口温度や水素製造、ヘリウムガスタービンといった技術で優位に立つものの、高温ガス炉の輸出を狙う中国の追い上げは激しい。東京電力福島第一原子力発電所事故が起きてから日本勢の開発は安全規制の強化などで停滞。欧米勢などと連携して巻き返しを図ろうとしている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事