2017年7月27日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

経産省、重要課題対応へ新陣容/エネ政策、継続性重視

2017/07/06  2面 

◆「年次重視」に変化じわり
 今年の経済産業省幹部人事は、重要課題の「エネルギー政策」「東京電力改革」「対米をはじめとする通商政策」に目配りした配置となった。世耕弘成経済産業相は「年次にこだわらず、適材適所の人事を行った」という。確かに事務次官、ナンバー2の経産審議官など、主要16ポストの幹部の入省年次は1982年~87年と、前体制の81年~85年入省よりも幅広い。その半面、省内では「いくつかのサプライズがあった」との声もある。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事