2017年7月26日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

JEPXスポット市場/約定量が1年で1.8倍に拡大

2017/07/05  1面 

◆新電力の買い強まる、グロス・ビディングも契機
 日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場で今年度から約定量が一段と増えている。4~6月の1日平均約定量は8612万2797キロワット時と、電力小売り全面自由化のスタート直後である前年同期に比べて1.8倍に増加した。新電力が販売電力量を順調に伸ばし、買いは強まる一方。さらに、太陽光の急増による供給余力の拡大や、大手電力が段階的に始めた「グロス・ビディング」などの影響も重なり、売買入札量が増えたことが要因とみられる。
 4~6月の売り札量は同1.7倍の315億8662万3千キロワット時、買い札量は同1.5倍の184億4887万キロワット時と、それぞれ大幅に増加。約定量は同1.8倍の78億3715万キロワット時だった。市場分断を考慮しないシステムプライスは24時間平均で8円10銭、昼間平均で8円87銭、ピーク平均で8円91銭だった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事