2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

関西電力、山形でバイオ専焼発電/7.5万キロワット

2017/07/04  1面 

◆地元にアセス方法書提出
 関西電力は3日、山形県酒田市でバイオマス発電所建設に向けた検討を開始するとともに、同事業に関する環境影響評価方法書を山形県知事と酒田市長に送付した。同市の酒田臨海工業団地内に約7万5千キロワットのバイオマス専焼の発電プラントを建設する。着工時期は非公表だが、着工から運転開始までの期間は約2年5カ月を予定。バイオマス燃料は海外からパームヤシ殻(PKS)、木質ペレットなどを調達する。年間使用量は稼働率85%を想定した場合、約35万トンを見込んでいる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事