2017年9月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

福島第一の「いま」発信/賠償廃炉機構、福島で国際フォーラム

2017/07/04  2面 

初日に行われたパネルセッションの模様

 初日に行われたパネルセッションの模様

◆東電、地元住民ら450人参加
 原子力損害賠償・廃炉等支援機構(賠償廃炉機構)は2、3日の2日間、福島県広野町といわき市で「第2回福島第一廃炉国際フォーラム」を開催した。東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に対する住民の理解を深めるとともに、最新の国内外の知見を共有することが狙い。初日は地元住民と関係者約450人が参加。山名元理事長は初日閉会後、「市民対話の意義は十分達成できた」との考えを示した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事