2017年7月26日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

「復興施策、強化・継続を」東北経済連・海輪会長、国・自民党などに要望

2017/07/04  5面 

要望書を提出する海輪会長(左)

   要望書を提出する海輪会長(左)

 東北経済連合会の海輪誠会長(東北電力会長)は30日夕、自民党本部で高村正彦副総裁と面会し、復興施策の強化・継続や人口減少対策などへの支援を求めた。5年間の集中復興期間を終え、関連予算の縮小が避けられない状況。海輪会長は「まだまだ復興は道半ば。きっちり予算を投入して頂きたい」と要望し、高村副総裁は「復興は大きな課題であり、しっかり対応したい」と述べた。今回は新規要望として、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用したイノベーション創出への支援強化などを加えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事