2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

間接オークション、18年度下期に延期/広域機関

2017/06/30  3面 

◆「早い段階で導入」目指す
 電力広域的運営推進機関(広域機関)は29日の有識者検討会で、連系線の容量を全てスポット取引に割り当てる「間接オークション制度」の導入時期を当初目標の2018年4月から延期する考えを示した。18年度下期の早い段階で導入を目指し、導入日は半年前に決める。現行システムの開発遅延などにより、間接オークションに対応したシステムの改修に遅れが生じることが理由だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事