2017年9月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

[記者ノート]進化する架線電工の共助

2017/06/29  9面 

 送電線工事の高所作業などを担う架線電工「ラインマン」は、全国で約1万人。実際に作業に従事するのは、その半分程度とされる。工事量の増加が見込まれる中、人材不足は施工を担う協力会社で深刻だ。
 将来を担う若手確保のみならず、至近の工事を担う人のやりくりも苦労することが多くなってきたようだ。
 昔から架線電工の世界では、各社が繁閑を調整するかのように、貴重な人的資源として架線電工の「貸し借り」が活発に行われてきた。「何人か応援を頼むよ」「今は手いっぱいで出せないな」など、同業者があいさつ代わりに交わす、こうした会話を耳にする機会は多い。自助だけでなく、仕事を共に乗り切る知恵の一つなのだろう。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事