2017年9月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

日本原電東海第二「防潮堤、安全裕度高く」/規制委臨時会議で村松社長

2017/06/28  2面 

東海第二の審査への対応方針を聴取した

 東海第二の審査への対応方針を聴取した

◆規制委臨時会議で方針説明
 原子力規制委員会は27日の臨時会議で、日本原子力発電の村松衛社長を招き、東海第二発電所の新規制基準適合性審査への対応方針を聴取した。懸案となっている防潮堤の設計方針について、規制委側が砂層の液状化を前提に置いて対応を行うよう要望。村松社長は「基本的には安全裕度の高い対策を行っていく」と応じた。原電はあす29日の審査会合で、防潮堤の設計方針の詳細を説明する予定。
 臨時会議には原電から村松社長のほか、和智信隆常務、北川陽一執行役員が出席した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事