2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

稼働中の原子力プラントで研修受け入れ/“生きた現場”を体感

2017/06/26  1面 

川内原子力発電所を訪れた伊方発電所の若手所員

川内原子力発電所を訪れた伊方発電所の若手所員

◆JANSIを事務局に
 再稼働を果たした原子力発電所に、他電力の若手社員を派遣する取り組みが広がってきた。稼働プラントでの勤務経験がない当直課長や若手の運転員、保修員が各電力で増えたためだ。原子力安全推進協会(JANSI)が事務局となり、原子力ならではの緊張感やプラントの運転、機器の点検などを学ぶ。これまでPWR(加圧水型軽水炉)の九州電力川内原子力発電所、四国電力伊方発電所に人員を派遣してきたが、今後はBWR(沸騰水型軽水炉)の受け入れ先確保が待たれる。…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事