2017年9月22日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

ケイオプト、関電の値下げに追随/調達電源多様化も検討

2017/06/23  3面 

 ケイ・オプティコム(大阪市、藤野隆雄社長)は電力小売りサービス「eo電気」の料金を改定する。関西電力が高浜発電所3、4号機の再稼働などを受けて実施する電気料金値下げに追随する。時期は関電と歩調を合わせて8月1日を目指す。値下げ幅は明らかにしていないが、関電と同程度にするとみられる。値下げ原資は自社の利益を充当することで「問題ない」(藤野社長)としているが、関電が大飯発電所3、4号機の再稼働後に再度値下げすることを念頭に、調達電源の多様化も検討している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事