2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

MHPSと住友商事、チュニジアでガス火力受注

2017/06/22  4面 

調印式の模様

       調印式の模様

◆GTCC採用、20年全面運開へ
 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と住友商事は21日、出力45万キロワットのガス火力発電所建設計画をチュニジア電力・ガス公社からEPC(設計・調達・建設)契約で受注したと発表した。ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)を採用。2019年5月に一部運転を始め、20年4月の全面運開を目指す。総事業費は約380億円。全額を国際協力機構(JICA)の円借款で賄う。約380億円の大半がEPC向け。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事