2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]東北電力・能代火力発電所3号機建設工事

2017/06/22  6面 

◆石炭で経済性、環境性を追求
 東北電力は、新規電源として能代火力発電所3号機の建設工事を進めている。2020年6月の運転開始に向け、昨年2月より土木工事を開始。工事進捗率は5月20日時点で14.9%に達した。能代3号機は、ボイラーで従来より高温の蒸気をつくることで1、2号機より高い熱効率を実現。賦存量が多く石炭灰の発生が少ない亜瀝青炭の使用拡大により経済性と環境負荷低減の両立を図る。本特集では、これまでに取り組んできた工事の概要や技術面の工夫について、橋本英雄・能代火力発電所長兼建設所長のインタビューを交えながら紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事