2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

福井県内の主要観光地を360度動画で紹介/関電がVR映像

2017/06/20  5面 

サービスエリアの利用者がVR映像を楽しんだ

サービスエリアの利用者がVR映像を楽しんだ

◆観光支援、原子力理解促進も
 関西電力は、東尋坊など福井県の主要な観光地を360度動画で紹介するバーチャルリアリティー(VR)映像「ふくい空中散歩」を制作した。滋賀県や愛知県内のサービスエリア(SA)で開かれた福井県の観光PRイベントで初めて披露。SAの利用者らがVRゴーグルを装着して福井の名所を堪能した。体験者からは「観光地を上空から見るのは貴重な経験で、3Dの感覚が味わえて楽しかった」といった声が聞かれた。
 福井県の観光支援と原子力発電所のPRを目的に制作。東尋坊のほか、福井県立恐竜博物館や越前海岸、明鏡洞など計8カ所の観光地に加えて原子力発電所のCG映像を盛り込んだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事