2017年6月24日土曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

関西電力・高浜4号が営業運転入り/5年11カ月ぶり

2017/06/19  1面 

規制庁検査官から定期検査終了証の交付を受ける宮田所長(右=16日、福井県高浜町)

規制庁検査官から定期検査終了証の交付を受ける宮田所長(右=16日、福井県高浜町)

 関西電力高浜発電所4号機が16日、営業運転を開始した。同日午後5時、原子力規制庁の検査官が同発電所で使用前検査合格証と施設定期検査終了証を交付。高浜4号機は2011年7月に定期検査に入って以来、約5年11カ月ぶりの営業運転となった。新規制基準の下で関電の原子力プラントが再稼働するのは、16年2月の高浜3号機に続き2基目。MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料を装荷したプルサーマル発電を行い、順調な稼働が続けば、次回の定検となる18年6月3日まで運転する。
 16日時点で営業運転を行っている原子力プラントは、九州電力川内原子力発電所1、2号機と四国電力伊方発電所3号機に、高浜4号機を加えた計4基。このうち、プルサーマル発電を行っているのは、伊方3号機と高浜4号機の計2基となった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事