2017年6月23日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

中国、沿海部で海水揚水発電の開発可能性調査

2017/06/16  2面 

◆島しょ部の供給多様化など狙いか
 中国政府が沿海部で海水揚水発電の開発可能性調査に乗り出した。4月に浙江、福建、広東の3省に開発できる地点・容量が計8カ所・26万2千キロワットあるとの調査結果を示し、必要投資額は合計で約60億元(約960億円)に上るとした。沿海部に点在する島しょの電力需要を賄う電源と捉えている。海外電力調査会調査第一部の顧立強研究員は、「日本の優れた海水揚水発電技術を、中国の開発に生かせるのではないか」と話している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事