2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

MHIベスタス、9500kW級洋上風力設備を開発

2017/06/15  4面 

◆一層の受注拡大狙う
 三菱重工業とデンマークのベスタスが折半出資するMHIベスタス・オフショア・ウインドは14日、世界最大となる定格出力9500キロワットの洋上風力発電設備を開発したと発表した。既に量産を開始したという。英国の洋上で商用運転の実績がある定格8千キロワット設備を改良して出力を高めた。洋上風力発電設備の出力向上により、発電原価のさらなる低減が期待できる。MHIベスタスは受注済み設備の総出力が190万キロワットを超えている。新型機の投入を弾みに受注拡大を図る。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事