2017年8月17日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

日本原電・東海PR施設、開館50年で来館者200万人

2017/06/13  2面 

200万人目となった東海村在住の親子に記念品などが贈られた

200万人目となった東海村在住の親子に記念品などが贈られた

 日本原子力発電の原子力PR館「東海テラパーク」(茨城県東海村)の累計来館者数が9日に200万人を突破した。開館から約50年での達成で、東海村在住の親子が200万人目となった。9日午前に式典が行われ、栗原純夫館長らが記念のくす玉を割って祝福したほか、記念品の贈呈や記念植樹などを行った。
 東海テラパークは、1964年に開館。日本初の商業用原子力発電所である東海発電所の建設に当たり、広く一般の人々の理解を促進する目的で設置した。開館2年後の66年に東海発電所が営業運転を始めた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事