2017年8月24日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

中部電力ネットワークカンパニー、トヨタ生産方式を導入

2017/06/07  9面 

◆先行拠点で効率化期待/工期短縮へ工夫も
 中部電力電力ネットワークカンパニーは、生産性向上を目的としたトヨタ生産方式を導入した。4月にはトヨタ自動車東日本の内川晋名誉顧問を招いた指導会を開き、幹部が出席して情報を共有。5月末には全6部門への初回指導が完了し、まずは先行的に試行する拠点で効率化策、期待される効果を探る。名古屋支店の地中線課などが試行対象で、松浦昌則カンパニー社長(中部電力副社長)は「効率化の深掘りへ、今の業務を見直す」と、業務改善に期待を寄せる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事