2017年8月24日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

川崎重工のLNG船用新型タンク、日米欧で基本承認取得/積載容量15%増を実現

2017/06/07  4面 

積載容量を15%増加させたモス型LNGタンク

積載容量を15%増加させたモス型LNGタンク

◆積載容量15%増を実現
 川崎重工業が開発したLNG(液化天然ガス)船向け新形状のモス型タンクが日米欧の主要3機関から基本承認を取得した。従来のモス型LNGタンクは球体で垂直断面が円形だったが、今回開発したタンクは断面を正方形に近づけつつも内面に角のない形状を採用。液揺れ(スロッシング)も抑えた。これにより横幅を変えず積載容量を15%増加。新パナマ運河を通行できるため、天然ガス液化基地のある米国東部からアジアへ、効率的にLNGを輸送することが可能になる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事