2017年6月23日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

富士電機のパワエレシステム事業、23年度売上高6500億円目指す

2017/06/02  4面 

◆成長の柱にEMS事業、SiCパワー半導体など
 富士電機は中核に据えるパワーエレクトロニクスシステム事業で2023年度に売上高6500億円を目指す。16年度実績から3割近く引き上げる。スマートメーター(次世代電力量計)を軸にしたエネルギー管理システム(EMS)事業や同社が得意とする炭化ケイ素(SiC)パワー半導体を使った商材などを伸ばす。同社は創立100周年となる23年度に連結売上高1兆円を目標に掲げている。パワエレシステム事業のM&A(企業の合併・買収)で売上高を300億円積み上げるなどし、同事業の成長をバネに達成を図る。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事