2017年6月23日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

A―USC石炭火力向けニッケル基合金、信頼性向上へ技術開発に着手

2017/06/02  4面 

◆NEDO、20年代の商用化目指す
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1日、先進超々臨界圧(A―USC)石炭火力発電プラントに用いるニッケル基合金の信頼性を向上させる技術開発に着手すると発表した。A―USCは次世代の高効率石炭火力技術として期待されるが、実現には700度級の高温蒸気に耐えられる材料が必要。ボイラー熱交換部や配管、蒸気タービンなどに使うニッケル基合金の疲労試験などを実施し、2020年代に想定される石炭火力の建て替え案件でA―USCの適用を目指す。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事