2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]きょう1日から「環境月間」

2017/06/01  6面 

◆各地で多彩な行事展開/温暖化防止へ国内外で実効策進む
 昨年11月に発効した地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」は、その実施ルールを2018年までに定めることが目標となっている。各種検討課題を詰める必要があり、準備会合などは粛々と進められている。日本国内では、産官学様々な分野から、達成目標を実現するための各種取り組みや分野ごとの目標設定などが検討を始めている。その一方で、パリ協定や地球温暖化防止への取り組みに懐疑的な姿勢を示している米国トランプ政権など、懸念材料もうかがえる。環境月間を機に、パリ協定や米トランプ政権の動向、経済産業省の取り組みなど、近年の動向を紹介する。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事