2017年6月28日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

特集

[特集]東北電力宮城支店

2017/05/24  9面 

◆「より、そう、ちから。」旗印に
 東日本大震災から6年が経過し、宮城県では多くの復興関連工事が進められている。復興は徐々に進みつつあるとはいえ、道半ばの状況だ。東北電力宮城支店は、電力の安定供給を軸に、地域の復興に向けて地域に寄り添う様々な取り組みを行っている。大森聡執行役員・支店長はコーポレートスローガン「より、そう、ちから。」の旗印の下、「地域に寄り添うことは、すべての業務につながる」と訴える。本特集では、宮城支店の地域の復興に向けた取り組みや電力自由化という競争時代を勝ち抜くための取り組みを紹介するとともに、大森支店長に地域に寄り添う思いをインタビューで語ってもらった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事