2017年6月28日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

10kmの長距離伝送実現/日新電機子会社など、IoT向け通信機器

2017/05/24  4面 

 日新電機子会社の日新システムズ(京都市、竹内嘉一社長)、ローム、ネクストドライブ、京都大学は23日、国際無線通信規格「Wi―SUN(ワイサン) FAN」に対応したIoT(モノのインターネット)向け通信機器(ゲートウエー)を開発したと発表した。センサーなどから集めたデータを複数のゲートウエーで中継しながら送り届けられる。最大で10キロメートル規模の長距離伝送を実現した。4者は屋外の大規模施設などでの利用を想定し、年内の商用化に向けて開発を続ける。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事