2017年6月25日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

福島第一デブリ、「筋肉ロボ」で回収/日立GE、水圧とバネで動作

2017/05/19  1面 

6本の手足を駆使して水中でも様々な動きができるロボットなどが公開された(17日、広島市内)

6本の手足を駆使して水中でも様々な動きができるロボットなどが公開された(17日、広島市内)

 国際廃炉研究開発機構(IRID)組合員の日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市、久米正社長)は17日に広島市内で、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業での活用を想定した「筋肉ロボット」を報道陣に公開した。筋肉ロボットは、放射線の影響を受けにくい水圧とバネで動く。炉心が溶融した1~3号機の格納容器内で障害物を取り払い、溶融燃料(燃料デブリ)を回収するといった作業ができることを目指している。
 原子力発電所の保全などを手掛ける中外テクノス(広島市、福馬勝洋社長)が広島市に建設した電機システム開発センターを開発拠点とし、5種類のロボットを試作。様々な環境下での動作試験を通じ、実際の廃炉作業で何ができるかの検証を行っている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事