2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

送電鉄塔、1日で塗装可能に/中電工業、独自開発塗料で工程を短縮

2017/05/19  13面 

独自開発した「パイネシリーズ」を使用した送電鉄塔塗装工事の模様

独自開発した「パイネシリーズ」を使用した送電鉄塔塗装工事の模様

 中国電力グループの中電工業(広島市、熊谷千代志社長)は、送電鉄塔のメンテナンスで実施する塗装工事で、独自開発した高性能塗料の適用を推進している。下塗りと上塗りを行う標準的な塗装作業は従来、2日間かかったが、同塗料を使用すれば、2度塗りを維持しながら1日で作業を済ませることが可能となり、工程全体の大幅な短縮を実現する。耐候性の高い上塗り塗料を使用するため、長期耐久性も確保する。すでに中国電力向けの工事で実績を積み重ねたほか、中国地域内の通信用鉄塔設備で採用事例がある。今後、中国地域以外でも同塗料のメリットを周知し、採用拡大を図る考えだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事