2017年7月28日金曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

重要インフラへのサイバー攻撃検知技術を開発/三菱電機

2017/05/18  4面 

◆必要な処理性能も確保
 三菱電機は17日、発電所といった重要インフラに対するサイバー攻撃の検知技術を開発したと発表した。近年は発電所の保守を高度化するためにIoT(モノのインターネット)が活用される事例が増加。重要インフラがサイバー攻撃にさらされやすくなっている。そこでプラント制御の監視端末に対する攻撃を防げるよう、制御システムに必要な処理性能を確保しながらサイバー攻撃を検知できる技術を開発。同社が手掛ける発電プラントの制御システム向けに2018年度に実用化する方針だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事