2017年6月29日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

大分大学とJST、アンモニアの新たな分解手法を開発

2017/05/09  4面 

◆水素取り出しを簡単に
 大分大学と科学技術振興機構(JST)は、アンモニアから水素を簡単に取り出せる触媒プロセスを開発した。アンモニアと酸素を触媒に供給するだけで反応し、加熱しなくても水素を取り出せる技術だ。水素製造装置の起動時間が短くなるほか、装置の小型化も期待できる。様々な反応の起動プロセスに利用できる可能性もあるという。
 アンモニアには多くの水素が含まれている。水素の貯蔵密度が高い物質だ。アンモニアを分解して水素を取り出す従来技術は…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事