2017年5月25日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

エコーネットライト対応家電、音声認識端末と接続/経産省が検討

2017/05/08  1面 

◆スマート住宅普及へ
 経済産業省は、家庭内のエネルギー消費量を最適に制御する「スマートハウス」の普及に向けた検討を加速する。サービス創出の可能性を広げるため、通信規格「エコーネットライト」対応の家電機器と、米アマゾン・ドット・コム、米アップルなど大手が発売中の音声認識端末との相互接続を検討する。通信機能を内蔵した家電機器の普及を促すための検討も進める。6月にタスクフォース(TF)を立ち上げ、課題を洗い出す。
 「スマートハウス」は、太陽光発電などのエネルギー設備や家電・住宅機器を通信ネットワークで相互接続して最適に制御し、省エネルギー化を図った住宅。経産省や民間はHEMS(家庭用エネルギー管理システム)用通信規格「エコーネットライト」の普及に力を入れており、国際標準化も行われている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事