2017年7月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

山陰PRが誘客の鍵に/中国経済連、首都圏で観光魅力度調査

2017/04/27  5面 

 中国経済連合会(会長=苅田知英・中国電力会長)は25日、首都圏在住者を対象に行った「中国地方の観光地の実態と魅力度調査」の結果を発表した。訪問してみたいエリアは1位が出雲(36.0%)、2位が鳥取(25.5%)となるなど山陰地方が上位を占め、訪問者の満足度も両エリアは7割以上と高い数字を出している。これらを踏まえた今後の誘客の方向性として、訪問経験者や希望者の多い山陰2県の周遊観光ルートをPRし、施策を展開することを提言している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事